四大で身につけるべきこと|未来ケアカレッジなら費用を抑えられる|口コミでも評判の講座

未来ケアカレッジなら費用を抑えられる|口コミでも評判の講座

ウーマン

四大で身につけるべきこと

学生

学校の種類と内容

保育士の資格取得が可能な学校には四年制大学、短大、専門学校があります。どの学校でも厚生労働省の指定する養成機関であれば、きちんと課程を修了すれば卒業と同時に保育士資格を取得することができます。しかし保育士として働いている人の割合を見ると、それぞれ学校の卒業者が同等の割合でいるというわけではありません。短大卒、専門学校卒が多く、四年制大学の卒業者はあまりいません。四年制大学に比べて、短大や専門学校は実践的な内容の習得に重点を置いているため、即戦力になりやすいという傾向があります。また慣例的に四大卒の給料を高く設定しているところがあります。そういったところから採用する側が短大卒や専門学校卒を好むという側面があります。また古くからある短大などは、地元の保育園からの信頼も厚く、優先的に採用すると傾向があります。

役立つスキルの向上を

短大や専門卒でも保育士の資格を取得できる中で、時間も費用もかかる四年制大学に進学するからには、保育士としての知識や技術のほかにプラスアルファになるものを身に着けるようにしましょう。大学の多くは幼稚園教諭免許や小学校教諭免許が取得できます。それ以外にも、学科によってさまざまな資格の取得ができる場合があります。政府主導で幼保一体化を進めている現在、認定こども園が増加してきています。幼稚園教諭免許を持っている保育士は認定こども園での需要が高いです。また保育園だけでなく幼稚園も就職先の選択肢になり得、可能性が広がります。時間的余裕があるので、ピアノや絵画など保育士として必要な技術の向上のための時間が取れます。最近の保育園や幼稚園には外国人の子どももふえていますので、英会話力もあるに越したことはありません。