需要の高い人になる|未来ケアカレッジなら費用を抑えられる|口コミでも評判の講座

未来ケアカレッジなら費用を抑えられる|口コミでも評判の講座

ウーマン

需要の高い人になる

男性

資格を取る方法を考える

あまり耳慣れない人も多いかもしれませんが、言語聴覚士は幅広いことができることもあって需要が高いです。資格を取得する為には、学校へ通う必要があるのですが、高校卒業後に養成学校を卒業して国家試験を受けることもできますし、一般の大学を卒業した後に大学や大学院などの養成学校を卒業して国家試験を受ける方法もあります。まだ高校生なら言語聴覚士の勉強ができる大学などへ進学し、大学生なら言語聴覚士の勉強ができる大学に入学したり、大学院へ進むことを考えましょう。今の自分の立ち位置によって学校を選ぶ基準が変わります。国家試験を受ける必要があるので、合格率が高い学校を選んだほうが良いです。どのような試験対策をしているのかまで調べてから決めましょう。

どんな勉強をするか

言語聴覚士を目指すためには学校へ通って勉強する必要があります。具体的に、どのような勉強をするのかというと、コミュニケーション障害に関する医学的な知識や心理学や認知科学、言葉や音声の仕組みについてなどかなり幅広い知識を身に着けます。また、高卒者の場合は基礎分野なども学校で学びます。講義だけではなく、実習や演習も必要で、学年が上がるごとに実習などが増えていき、最終学年は臨床実習がメインです。また、国家試験に合格しなくてはなりませんから、試験対策も行われます。最終学年になると、言語聴覚士の受験対策も行われるようになります。言語聴覚士の国家試験は新卒者のほうが合格率が高いので、学校でしっかりと受験対策をしましょう。